本格的な投資をする前にみんなで大家さんで慣れよう

相続税に有効な投資

マンション

メリットの多い投資方法

一般的にマンション投資は、お金や時間に余裕のある人が行うというイメージがあります。しかしマンション投資は余り資金に余裕のない人でも簡単に始められ、また安全性にも優れており、長期間にわたり毎月安定したリターンが得られる投資方法なのです。毎月のローンは家賃収入を利用して払うため、これまでと一切変わらないレベルの生活を行いながらでも可能な投資といます。またマンション投資のためにローンを組むと、団体信用生命にも同時に加入します。そのため仮にオーナーが亡くなった場合でも、団体信用生命保険で残っているローンを支払います。そのため残された家族は、借金が無い状態でマンションを相続することになります。そして相続税に関しても、有価証券や銀行などの預貯金のケースでは、その10割全てにおいて評価額と決められています。しかしマンション投資であれば建築部分は購入した金額のおよそ5割の評価額でいいのです。そして、土地部分では公示価格のおよそ8割が評価額となっています。そのため、相続税の評価額を大きく減らすことが可能な投資となります。相続税における基礎控除額が引き下げられ、課税の対象者が増えた現在では、有益で賢い節税方法としてお勧めです。またマンションを購入して、貸借利用していれば、借家権割合が建物に適用され評価額がおよそ3割減少します。また土地に関しても、仮家建付地としておよそ2割も評価額の減少の恩恵があります。