本格的な投資をする前にみんなで大家さんで慣れよう

近隣の不動産屋さん活用

空き部屋

エリアの家賃の相場を知る

皆さんは「家」を借りたことがありますか。「家」を借りる、いわゆる賃貸住宅です。この賃貸住宅において皆さんが一番気になるポイントは何でしょうか。人によって様々なポイントを挙げるかと思いますが、一番のポイントは、月々の賃料つまり「家賃」ではないでしょうか。この家賃はどのように決まるのでしょうか。これは主に部屋の広さと駅からの距離と築年数とそのエリアによって決まります。部屋の広さがそれなりに大きければ賃料は高くなりますし、駅からの距離が近くても賃料は高くなりますし、築年素が新しければ家賃が高くなりますし、人気のエリアですと家賃が高くなるという訳です。前述で「高くなる」と述べましたが、では何と比べて「高くなる」のでしょうか。それはその反対の要素を持つ物件と比べてということになります。つまり部屋が小さく、駅から遠く、築年数が古く、不人気のエリアは相対的に家賃が安いということになります。これら要素を総合的に勘案して決められる家賃の相場が「家賃相場」です。この家賃相場は、物件を借りるときだけでなく、物件オーナーとして貸し出すときにも把握しておきたいものです。なぜなら、家賃相場から大幅にかけ離れた家賃設定の場合だと、損をしてしまうこともありますし、入居希望者が現れず空き室になってしまうこともあるのです。なので家賃を設定する場合には、専門の不動産会社のスタッフに相談して決めるとよいでしょう。そうすれば、適正な価格の家賃相場を設定することが可能です。